読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生が変わる★名古屋ダイエット塾 MoreGlow ★

世の中にはいろんなダイエット情報があふれています。しかし残念ながら多くの方が途中で挫折したり、リバウンドしたり、成功できません。それは何故でしょうか?このブログでは楽しく痩せて人生の質を高めるダイエット塾More Glowのことや塾長YUMIの思うことなど楽しく発信していきます★

洗脳から自分を解放してあげて★残すという勇気★

「全部食べて偉い!偉い!」

私たちはこの言葉で育てられました。

 

こんにちは★

ダイエット塾 More GlowのYumiでございます

 

食事を残すことは「行儀が悪い」と幼い頃から

家でも、学校でも・・・

脳にしっかりと刷り込まれてしまっています。

そう、洗脳されているのです。

 

でも、それは戦後の食糧難だった頃のお話

健康に育つために少ない食事でしっかり栄養を取らせようと必死だった頃のお話

その時代から約70年が経過し、経済も環境も180度変わっています。

しかし、環境は変わっているのに、食育は戦後と変わらず今でも引き継がれています。

現在では、好き嫌いをなくす目的で「残さず食べなさい」と教育しているとは思うんですが教育を受ける側は「残すと怒られる」と脳にインプットされています

これでは、食事の量のことのか?食事の質のことなのか?

子供には判断ができません。

「怒られるからとりあえず全部食べる。」「残すことは行儀が悪いこと」

こうして、「太る脳」が完成されていきます。

 

 

私たちはオシャレなどの流行はどんどん取り入れます。

ひと昔前に流行った洋服を着ている人に対し

「あの洋服ださくなーい?」と批判までする人がいます。

しかし、明らかに食べ過ぎな人には「栄養摂りすぎじゃなーい?」とは批判しません。

逆に「そんなに食べれるなんてスゴイ!!」と称賛されことがあります。

 

全然スゴイことではありません

 

さらに

追い打ちをかけるように食事を提供する側も

コストパフォーマンスを上げることで

集客に力を入れているお店が増えているので

「これ。。。絶対一人前の量じゃないよね?」

という量の食事が出されます。

f:id:laurynyumi:20160806180435j:plain

コスパ向上で多量の食事を提供するお店は増え続ける。

「残すことは悪いこと」という洗脳をされたまま・・・

 

これはまさに太るという負のスパイラルです

 

ダイエットご相談でも

「残しちゃいけないと思ってお腹がいっぱいでも出されたものは無理して食べてる」という方が非常に多くいらっしゃいます。

それは、そう刷り込まれて育ってきたので仕方ありません。。。

 

でも、この一連のお話しをさせて頂くと

「外食の時はオーダーするときにご飯は半分にしてくださいとお願いしたら、残す抵抗を事前に回避できるわね」と

自分で対策案を考えて行動して下さいます★

 

この自分で考えて行動することにより「太る思考」から「痩せる思考」にどんどん変わっていきます。

 

太る原因に気付くこと

太る環境に置かれていること

そして「残す」という勇気を持つこと

 

 

 

2月から始まる★ダイエット塾★

More Glowモアグロー

名古屋市千種区末盛通4-26-1

◆痩せる思考に変わる90日間ダイエットプログラム◆

       68000(税別)

※モニター特別価格

※まずは無料体験にお越し下さい

052-753-7272

完全予約制  メールinfo@moreglow.jp